DoGaでは5つのアクションがあります。このページではそれらについて解説いたします。

なおプログラムを更新した際には「保存」ボタンをクリックして保存してください。

ページに移動

指定したWEBページに遷移します。「移動するURL」欄に、移動させたいページのURLを入力してください。

条件が「強制的に」の場合にはその時間になったらすぐに移動します。「クリックしたら」の場合には、ボタンをクリックしたタイミングで移動します。

別のプロジェクトに移動

指定したプロジェクトに移動します。「開くプロジェクト」にある「プロジェクト選択」で、移動先のプロジェクトを指定してください。

そのプロジェクトに移動した後は、最初から再生が開始されます。

別の時間に移動

指定した時間に移動します。「移動する秒数」欄に、移動先に秒数を入力してください。

選択によってストーリーが分岐するような動画の場合には、こちらを使ったほうが「別のプロジェクトに移動」よりも速く移動することができるため便利です。

ファイルのダウンロード

ファイルのダウンロードが開始します。スマホの場合には別ウィンドウで、指定したファイルが開きます。

PDFファイルなど、資料をダウンロードしてもらいたい場合に有効です。

登録フォームを表示

名前をメールアドレスを入力できる登録フォームが表示されます。

入力された際には、指定した自動返信メールが送信されます。自動返信メールは「自動返信メール」にあるボタンで、設定画面を開いてください。

また「表示位置」を9つのエリアから指定してください。

ここで入力されたデータはサイドメニューの「登録者」から閲覧、ダウンロードできます。

なお弊社製品の「戦略メール」と連携が可能です。

連携させると、登録フォームで入力されたデータは即時、戦略メールのメルマガの読者として追加されます。

また戦略メールでサンクスメール(自動返信メール)を設定さいている場合には、サンクスメールも送信されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

なお同一のメールアドレスが入力されても登録されませんが、自動返信メールは送信されます。

ただしプログラムごとに管理されているため、同じプロジェクト内だとしても、別の登録フォームで登録があったデータは、新たに追加されることになります。

ポップアップを表示

指定したポップアップが開きます。

「表示する内容」ボタンをクリックして、ポップアップに表示する内容を設定できます。

また「表示位置」を9つのエリアから指定してください。

開いたポップアップは☓ボタンで閉じることができますが、閉じるまで動画の再生を停止するためには「閉じるまで一時停止」にチェックを付けてください。

キーワードを入力

指定したキーワードを入力するまで、動画が停止して、先に進むことができなくなります。

条件は「強制的に」だけが選択できます。

動画の再開に必要なキーワードは、「正しいキーワード」欄に入力してください。