リードとは見込み客です。メルマガ読者よりもさらに商品購入の可能性が高い存在です。

DoGaを使えばリードでも読者でも、いままで体験していないような速度で獲得していくことができるでしょう。

PULL型とPUSH型

PULL型メディアは数多くあります。facebook、twitter、YouTube、ブログ、サイト・・・これらはすべて相手が自分のタイミングで訪問するPULL(引く)型です。

一方PUSH型(押す)メディアはメールマガジンとLINEくらいです。PUSH型メディアは個人や企業がビジネスなどの目的で立ち上げることで増えていきますが、PUSH型メディアはなかなか存在しません。メールマガジンとLINEくらいしかありません。

LINEは配信数が増えることで費用かなり高額になるため省くと、PUSH型のメディアはメールマガジンということになります。

PUSH型は数少ない、発信者のタイミングで届けることができます。そのため非常に効果的なのですが同時に迷惑だと感じる人も出てきます。

ここではDoGaでリードや読者を獲得し、メールマガジンで情報を配信していく方法を解説します。

なぜリードや読者が必要なのか?

たとえばあなたはどんなタイミングでYouTubeを見るでしょうか?朝起きてすぐ、会社に行く前、通勤中、休憩中、帰宅中、寝る前など人それぞれのタイミングがあります。

これがPULL型のメディアです。いつどのタイミングで情報が伝わるのかは相手次第です。

一方 PUSH型は発信者のタイミングで送信します。もちろんそれを読むかどうかは相手次第ですが、届けるという行為は発信者のタイミングです。現時点ではPUSH型メディアは電子メールが手軽で適当です。

PULL型とPUSH型とではそれぞれ役割があります。PULL型は広く届けることに適し、PUSH型は伝えたい強いメッセージを個別に届けることに適しています。

セールスに向いているのはどちらかというと、明らかにPUSH型です。なぜかというとPULL型に比べて人間関係が作りやすいためです。

セールスというのは頻度やタイミングを間違うと迷惑がられる恐れがあります。そのためPULL型でファン化して、その人たちにメールマガジンを購読してもらいそしてメールマガジンを届けるという手順が最適です。

具体的にはDoGaを活用した以下の手順をお勧めします。

SNS→DoGa→メルマガ

facebookをそれなりにやっている前提で解説します。

まずfacebookではあなたの得意分野が相手に伝わるような投稿をしていきます。注意点としてはセールスをしないことです。あくまでも「この人は○○の専門家だ」ということに気づいてもらうのです。

そしてプライベートな投稿もしていきます。食事の写真でも、同窓会の写真でいいので親近感を頂いてもらうような投稿です。

このように専門家であることを認識してもらい、同時にプライベートな面も出していくことで徐々にファンが増えていきます。

facebookに限らずtwitterやYouTubeでも結構ですが、とにかくファンを増やすのです。

次にDoGaを使ってインタラクティブ動画を制作します。機能としては登録フォームは必須です。

「登録フォーム」機能を使うと「登録しなければ先に進まない」という仕掛けが可能になります。

たとえば10分の動画を作ったとして、冒頭の3分で重要なことを簡単に語り、詳しく知りたい場合には登録フォームに名前とメールアドレスを入力してもらいます。

SNSでファン化され、さらに冒頭3分の動画を見ているわけですので、おそらく半分以上の人がこのフォームで入力をしてくれるでしょう。

当然ですが動画内またはポップアップ機能を使って「登録したメールアドレス宛にメールマガジンをお送りします」と断りを入れることを忘れないでください。

こうしてメールマガジンの読者を獲得していくわけです。メールマガジンはPUSH型でありセールスをしてもよいメディアですが、セールスばかりだとすぐに解除されてしまいます。

やはりここでも「専門性」「プライベート」などを織り交ぜ、ファン化を忘れずに情報を配信してください。

リード獲得の手順

読者よりもさらにあなたの商品やサービスに興味がある人たちをリードと呼びます。見込み客と同じ意味です。

上記のステップなどで読者を獲得したら、その読者をリードに育てていきます。またSNSなどではなく広告から直接リードを獲得する流れもあります。

「読者→リード」「広告→リード」という流れです。

そのためにはまず商品やサービスに関連するランディングページやブログを作ります。たとえばいまあなたが見ているこのページでは、売り込みも入っていますがノウハウが中心です。そのようなページを立ち上げます。

そして「○○活用講座」としてリードを募集します。ここでも「登録フォーム」機能が役立ちます。

たとえばDoGaを売りたいのであれば「インタラクティブ動画活用講座」を動画で行います。そして登録フォーム機能を使って「インタラクティブ動画活用講座の上級編」としてさらに登録してもらいます。

そのようなページに、読者(SNS→読者の流れで集めた)や広告でアクセスを呼びます。これは通常のメールマガジンとは違い、かなり専門性が強い人が集まることでしょう。あなたの商品やサービスに興味がある人達が集まるので、セールスの頻度を高めても問題ありません。

むしろセールスをしないほうが相手の迷惑です。リードに対しては、きちんと商品やサービスについて触れることが親切です。

このようにして「読者」「リード」とわけて考えてください。読者にはファン化を失わないように注意しながらセールス色はほどほどにし、リードではセールス色を増やしてください。